刈穂(かりほ) 純米吟醸 愛山

純米吟醸

※大変申し訳ありませんが在庫切れ中です。
都道府県:   蔵元:

Description

秋田清酒(出羽鶴・刈穂)は幕末の1865年、出羽の国南楢岡(現在の秋田県大仙市)にて伊藤家十二代目・伊藤重四郎により『ヤマト酒造店』として創業しました。 伊藤家は十七世紀に西国から東北へ渡り秋田の地で地主となり庄屋の役割を代々受け継いできたそうです。 十二代目・重四郎は地元で収穫される良質の米を使い、屋敷の一角に酒蔵を建てて日本酒の醸造を始めました。 その後、跡を継いだ伊藤恭之助(十三代目)は、1913年(大正2年)ヤマト酒造店を企業化。『鶴のように優美な出羽の国の酒になるように』との願いを込めて『出羽鶴』と命名、出羽鶴酒造株式会社となりました。 秋田清酒『刈穂蔵』は大正二年、『伊藤恭之助氏』の働きかけにより 地元の有志が出資し、神宮寺酒造株式会社として設立されました。 こちらは希少な酒米『愛山』を秋田清酒蔵付分離酵母・八番によって醸されました。 すっきりとした淡麗な旨みの中にも愛山の艶のある風味が感じられます。 喉ごしはピンとした酸がありキレも相まってすっきりとした印象。 全体的に淡麗旨口系の味わいと言えるでしょう。 冷、もしくは常温でお楽しみください。

Additional information

味データ

原料米・米麹 日本酒度+ 6
使用米愛山 酸度1.8
精米歩合55% アルコール度数15 % 〜 15 %

味メーター

華香(上立香) 3 フルーティで華やかな香り
含香(戻香) 3 飲んだ後口内に広がり鼻に抜ける香り
酒香 0 0:酒臭無3:普通の日本酒香,5:一癖ある個性的な香り
熟成香 0 適正な貯蔵で生まれた香り
老香(ひね) 0 古酒などに感じられる特有の香り
キレ味 3 サッパリとした爽やかな味わい、舌切れの良さ
ピリ味 2 若さなどにも由来する舌先にピリッと来る味
酸味 2 深みやジューシーな味わいを演出する味
コク味 3 甘みやコクなどの芳醇な味

Reviews

まだレビューが登録されていません