青煌(せいこう) 純米吟醸 雄町 つるばら酵母仕込み

純米吟醸

※大変申し訳ありませんが在庫切れ中です。
都道府県:   蔵元:

Description

青煌(せいこう)醸造元の武の井酒造?は慶応元年(1865年)創業。 八ヶ岳、甲斐駒ケ岳、瑞牆山といった日本百名山に囲まれた山梨県北杜市に位置します。 創業者である清水武左衛門(シミズブザエモン)の「武」に良水湧き出る井戸の「井」を添えたことが武の井酒造の社名の由来です。 蔵は八ヶ岳、甲斐駒ケ岳、瑞牆山といった日本百名山に囲まれ天気の良い日には富士山をも望むことが出来ます。 杜氏を努める『清水紘一郎』は仕込みのほぼ全てを一人でこなす若き醸造家。 蔵を継ぐべく東京農大醸造学科で酒造りを学び、卒業後は茨城県の来福酒造さんで 三年間の修行を経て武の井酒造に入社しました。 自らの目指す味わいを日々追求しながら洗米から仕込み貯蔵販売までほぼ全てを担当しています。 青煌は若い世代にもっと日本酒を楽しんでもらいたいとのコンセプトで醸されています。 味わいは銘柄のイメージそのままに青々とした清涼感のある味わいが特徴。 東京農大花酵母研究会が植物の花から分離培養している花酵母の中の一つ『つるばら酵母』を使用しています。 酒造好適米「雄町」を50%まで磨き醸された純米吟醸のしぼりたて生原酒です。 まだ若々しくキリッとした口当たりと舌先に来るピリッとした刺激。 さわやかな白桃などを思わせる旨みとそれを引き締める酸味。 キレもあり、またほのかな余韻もあり、青煌らしさ全開の一本です! 雄町は徐々に味の乗ってくるお米ですので、開栓後も 時間をかけてお楽しみいただけるものと思います(^o^)

Additional information

味データ

原料米・米麹 日本酒度+ 2
使用米雄町 酸度1.7
精米歩合50% アルコール度数17 % 〜 18 %

味メーター

華香(上立香) 3 フルーティで華やかな香り
含香(戻香) 4 飲んだ後口内に広がり鼻に抜ける香り
酒香 0 0:酒臭無3:普通の日本酒香,5:一癖ある個性的な香り
熟成香 0 適正な貯蔵で生まれた香り
老香(ひね) 0 古酒などに感じられる特有の香り
キレ味 3 サッパリとした爽やかな味わい、舌切れの良さ
ピリ味 4 若さなどにも由来する舌先にピリッと来る味
酸味 3 深みやジューシーな味わいを演出する味
コク味 3 甘みやコクなどの芳醇な味

Reviews

まだレビューが登録されていません