日本酒が探せる!隠れた地酒を全国へお届けするつじむら酒店

  • フリーワードで探す
  • 味で探す
  • 華香(上立香)
    含香(戻香)
    酒香
    熟成香
    老香(ひね)
    キレ味
    ピリ味
    酸味
    コク味
  • スマホdeつじむら

つじむら酒店からのお知らせ

▶ 『つじむら酒店からのお知らせ』はfacebookを利用して表示しております。表示されない場合にはご利用のブラウザでfacebookへのログインが必要です

今日の辻村酒店イチオシ

富久福 michiko90 純米酒 火入れ

2017年9月、結城酒造さんのチャレンジタンク、michiko90の火入れ熟成が入荷いたしました! 精米歩合90%、つまり玄米から10%しか精米していない驚異の日本酒です。 さぞや雑味があるかと思いきや、そんなことはありません(゚Д゚)カッ! 熟成によって生まれた深みとコク、わやらかな旨み甘みを感じながらも 高めの酸が調和し全体をボリューミーに、弾力のある味わいに演出しています。 秋の深みをました食材と合わせてあげると絶妙にマッチします。 温度は冷、常温、ぬる燗もおすすめです\(^o^)/

HATOMASAMUNE 純米酒 ワイン酵母仕込み 

青森県十和田市の鳩正宗から 『HATOMASAMUNE 純米酒 ワイン酵母仕込み』のご案内です! 鳩正宗さんはリンゴ酸酵母仕込みなど最近かなり“攻め”て来てますね〜!! あえてワイン用の酵母を使用したこの純米酒、香りはほのかに 甘酸っぱい味わいを連想させるような、そう、チェリーのような香り。 口に含むと甘酸っぱい旨みが口いっぱいに広がります。 甘酸っぱいと言っても顔をしかめるような酸っぱさではなく あくまでもやわらかく、それでいてキュートな酸味です。 日本酒度がマイナス23と極甘口にもかかわらず 酸度が3.4と高い事からバランスの非常に取れた味わいとなっております。 片方の数値だけ見てもダメなんですね、あくまでもバランス。バランス大事です! キリリっと冷やして、そうでね、ワイングラスでお楽しみください(^^)/

田酒(でんしゅ) 特別純米酒

『米は田んぼから生まれる』 戦時中に発明された醸造アルコールを添加した日本酒。 米不足の当時に限っては人々を喜ばせる稀代の発明となった事でしょう。 戦後しばらく経ってもその流れは続く事になります。 そんな時代に『田酒』は日本酒の原点に帰り、風格ある本物の酒を造りたいとの想いから 試行錯誤を重ねた結果、昭和49年に発売されました。 使用しているのは青森ではポピュラーな酒造好適米『華吹雪』。 ふんわりとした麹を思わせる香り。 一定期間熟成させることによりカドが取れたまろやかな旨み、 酸は低め、ほのかな含み香とスッキリとした喉ごしが楽しめます。 おすすめの温度は常温、またはぬる燗がおすすめです! こちらはお一家族様(お一人様)一本までとさせていただきます! 一回のご注文は一本までです! なお、田酒に関する在庫確認または入荷時期の確認などのお電話は 何卒、何卒ご遠慮いただきたくお願いを申し上げます。 在庫切れの記載がある場合はもちろん在庫切れ中です(笑) 希少な銘柄という事で殺到するのも分かりますが青森には、そして当店には 田酒に負けるとも劣らずな美味しい銘柄が沢山ございます。 是非そちらにも一度目を通してあげてください(^o^)

辻村酒店をフォローする
このエントリーをはてなブックマークに追加

©Tsujimura saketen, Inc. All Rights Received.